中国版知恵袋「なぜ中国からは羽生結弦のような選手が出てこないの?」

投稿者:

中国版知恵袋?

うわっはっはっは(^O^)

また面白いサイト見つけちゃったぞー!

今回は中国版「知恵袋」的なサイト

((*´∀`))ウキャキャキャキャ

こんな質問があったのでご紹介

「为什么中国没有出现羽生结弦这样的花滑男单运动员?」
(なぜ中国からは羽生結弦のようなフィギュアスケート男子選手が出てこないの?)

いや日本だって羽生まで出てこなかったよ…w

中国チエリアンたちの回答やいかに!?

 

ちなみに最近このブログを発見して見てるよ〜と言う方々が増えてきたので一言
当ブログは英語以外はほぼGoogle翻訳ですwww

誰でもできる簡単で楽しいお仕事です!
巷にいらっしゃる八百万の翻訳神々様とは違いますw

クオリティ低め・誤訳の可能性高め
ゴメンネ (´・ω・`)

https://www.zhihu.com/question/53142790


 (質問主)
第一に、あれほどの才能は、日本はもちろん世界中でほとんど出会えない。全世界で長年かけてやっと一人の奇才羽生結弦を輩出した。彼のジャンプの完成度と芸術性はフィギュアスケートの歴史で随一だ。彼を打ち負かすことができるのは彼一人しかいない。彼はすでに驚異的な成功の物語になった。それに彼の努力自体が自然界の万物創造の神レベルだ、いや冗談抜きで。
第二に我々の国はフィギュアスケート強国であったことはなく、国家の投資も少なく、国民のフィギュアに対する関心も低い。フィギュアスケートは日本の三大アイテムの1つで、あの国ではたくさん投資してとても人気がある。我々の卓球が世界的に有名なのと同じ。ここには何の不公平もない。

 

(回答1)
ボーヤンジンは最もパワフルな男子シングル選手の一人です。2回世界選手権のメダルを獲得している。今年中国のベストシングルススコアを持っていて、潜在能力のある新人です。
フィギュアスケートを習う子供達は同時にダンスも習うでしょう。中国のアスリートに対する関心はアイドルに対する関心と比べるとずっと低い。
そして日本ではアスリートの地位がとても高いです。
中国ではフィギュアスケートは隙間産業です。スケート界の全体的な教育・練習環境は進んでいません。
羽生もまた、海外でトレーニングをしています。
日本のトップアスリート達もまた彼らの技術を高めるためにカナダに行きます。
二軍の人材の不足もまた原因です。
中国全体の選手に対する「南方出身の中国選手」の不足です。
2022年の冬季オリンピックの開催を受けて国民スポーツ局の要請により、2億人に雪と氷の競技の普及をさせてくれることを願っています。
より多くの二軍選手が増えることによって、トップ選手が出てくる可能性も高まります。
羽生は「小鲜肉(=若くてかっこいい男性アイドルらしい)」に似ています。
しかし、ずば抜けたパフォーマンスと強靭な技術力、そして自分自身に対する厳しさは、誰もが彼を賞賛するに値します。
彼の技術点は顔によるものではないですよ!

 

(回答2)
まず第一に、羽生はアスリートなんですが…
(多分途中でタイトルを変えたっぽいですね。最初はアイドルって表現を使ってたのかな?)

 

(回答3)
このタイトルはちょっと尊敬に欠けますね。彼はアスリートです。彼は自分がアイドルになろうなんて考えたことはないでしょう。彼のことに浮かれるのはいいけど、彼のことをアイドルだなんて思わないでください。間違いなく優れたアスリートですから。

 

(回答4)
陈露 – 「望春风」「ラストエンペラー」
中国の伝統文化と卓越したフィギュアスケートの芸術との融合を達成した高レベルの選手といえば、彼女がいますよ。
アイドル問題について。羽生結弦がアイドルかどうか議論するのはやめましょう。アイドルの存在はアイドル経済のニーズによるものです。
日本人選手は企業スポンサーによって活動しています。ビジネスにはビジネス的価値が必要です。アイドル経済と広告的価値が必要です。
中国のアスリート達は国家スポーツ局出資によって活動します。国にアイドル経済が必要ですか?
卓越したアスリートは国家により育成され、生活の心配をする必要がありません。生活のためにビジネスをする必要がないのです。スポンサーがいなくても、コーチや資金面について葛藤する必要がありません。
アスリートは国家によって面倒を見てもらえます。才能さえあれば、それで十分なのです。
これは社会主義の利点ですね(笑)

 

(回答5)
誰がそんなことを言ったのですか?
私たちには 武大靖/张继科/孙杨/傅园慧/宁泽涛 がいます。
引退した人で言えば张怡宁/孔令辉/李宁/陈一冰/郭晶晶/田亮啊 等
(↑多分全員中国の有名選手)

 

(回答6)
同様の地位の人であれば刘翔がいるでしょう。
二人とも国内随一の人気があり、世界トップに君臨した。

 

(回答7)
2つの原因が思い浮かびました。
1. まず第一に、制度の問題。中国選手は国有化されています。それゆえ、国家選手は外部からの影響を受けやすいです。例えば、何人かのアスリート(张继科や孫楊)は色々な媒体に出演することが求められます。プロパガンダのアピールとして、オンライン上で価値や影響力があるアスリート達はエンターメント界で歌ったり踊ったりしなければなりません。この欠点は、アスリート達が彼らの時間を他の分野に浪費しなくてはいけないことで、彼らの競技への集中に支障をきたします。羽生選手と比べると、日本人選手は民営化され、彼らはコーチを雇ったりスケート場を借りるためにスポンサーに出資を頼まなくてはなりません。羽生結弦が素晴らしい成果と強い意志を持っている事に言及するまでもなく、外部からの影響はずっと少ないと思います。この20年間のフィギュアスケートキャリアにおいて、彼は(インタビューを除いて)バラエティ番組に出演したことはないです。SNSのアカウントも持っていないし、全ての彼の時間をフィギュアスケートに費やしています。彼が達成した成果は当然のことともいえるでしょう。
2. 人格的要因もあります。日本人は卓越した集中力と極端に厳格な人間性で知られています。中国人はまだこの面で欠陥があります。フィギュアスケートの羽生時代について言えば – 12回の世界記録樹立、最高記録保持者、66年ぶりの連覇達成者 – 彼のような頂点を極めた人物を思い浮かべるのは難しいです。できない事は、できるように努力しなければならず達成した後も、完璧な存在であり続けるために努力しなければなりません。私は継続的な成功のみが勝利だと思います。おそらくこれは、現状に満足しない彼の性格が自分を駆り立て続けているおかげだと思います。
よって私は、中国人選手がより自分の競技に集中することを願っています。そのためには国民世論がその気持ちをサポートしなければなりません。

 

(回答8)
まず第一に、羽生はアスリートであり、アイドルではありません。
第二に、中国だけでなく、世界中で何年もかけてやっと一人の羽生結弦が生まれたのです。
第三に、フィギュアスケートや他の冬季オリンピック種目は中国で短期的に競技人口を増やすことが難しいです。発掘され、その後も育成され維持る才能はごく僅かです。
第四に、我々には羽生結弦はいないかもしれないが、他の競技にはたくさんの大魔王選手がいます。

 

(回答9)
このような選手も世界で唯一の選手だからこそ、66年ぶりのオリンピック連覇が成し遂げられたのです。世界最高の羽生結弦が一人いれば十分であり、一人しかいないからこそ愛されているのです。

 

(回答10)
現代中国では、音楽の傑作はほとんどありません。私は、羽生結弦の成功は彼が選んだ日本的な音楽の優位性とは切り離せないと思います。元の能力はそう高くありません。

 

(回答11)
羽生は妥協を許さないアスリートで、軽めに言っても自殺式の訓練をするアスリートです。でも私たちにとっては彼はやはりアーティストです。

 

(回答12)
1. 結果
中国男子シングルスには世界チャンピオンや五輪王者のような人はいません。選手の成績が最も重要です。
2. 外見、性格、その他の個人的な魅力
寧澤濤(中国水泳選手)のように実力とルックスを兼ね備えた選手はより多くの人を惹きつけ、人気のある世界王者になることができます。
3. スポーツ自体の人気
羽生結弦はフィギュアスケート大国の日本で生まれましたが、スケートは中国では人気のないスポーツです。水泳や卓球と違って、この競技は超ホットな競技です!誰も見ない競技において、誰が天才で誰がハンサムかなんて知っている人はいないでしょう。
4. マーケティングになるか
日本や韓国の選手は、早くからアイドル化を始め、成功を収めました。主に羽生、浅田、キムヨナ、朴泰桓、孫延在などがその例です。実際には李子君もマーケティングの例ですが、結果が追いついてこないので、特定の人気を除いて多くのファンを獲得できていません。
5. 天才の出現
多くのスポーツにおいて、努力はもちろんのこと、一番重要なのは才能です。世界大会で優勝するような能力を持った天才が出てこない限り、どんなマーケティングも無意味です。

 

(回答13)
時期・地の利・才能を持った人、どれが欠けてもダメ。
私たちにもこの類の素晴らしいアイドルはいますが、この種目ではないだけです。刘翔は?孙杨は?姚明は?
どうしてもフィギュアスケートがいいなら、ボーヤン・ジンを待つか、国籍についてこだわらない方が良いです。

 

(回答14)
フィギュアスケートの大ファンではありませんが、フィギュアスケートはバスケットボールのように簡単に学ぶことができる競技ではありません。ダンスレッスンも必要ですし、この平昌オリンピックを見ても分かる通り4回転の数が重要です。アマチュア選手は2回転、才能のある選手でも3回転ジャンプをとぶのがやっとの状態で、どうやして国際大会に参加できるでしょうか?羽生結弦は才能のある選手です。フィギュアスケート強国の日本は、中国卓球と同じようなものです。3〜4歳から訓練を受け、有名なコーチを招致し想像を絶する努力を100年以上続けてきました。それがあっての羽生時代です。他人の外見だけの輝きに目を向けないでください。成功することはそれほど簡単ではありません。彼らは辛い努力に耐え忍んできたのです。それにご存知かは知りませんが、中国もその芽があります。ボーヤンジンです。

 

(回答15)
ボーヤン・ジンもとても強力な選手ですよ。羽生でさえ彼とお互いを認め合っています。彼は天天(ボーヤン)に対し4回転時代だとも発言しました。天天なら5回転を飛べるかも知れないとも言っています。みなさん、羽生と比べそこまで卑下する必要はありません。平昌の4位は残念でしたが、北京で期待しましょう。

 

(回答16)
人の成功は生まれ持った才能と教育によって決定されるだけでなく、周囲の環境にも影響を受けます。
それは音楽の珍しい才能を持った人々のようなものです。もし彼が貧しく食べるものもないような家に生まれたら、あのような素質も全く役に立ちません。家族が食うに困らなくても、生涯音楽に触れる機会がなければ、同じように役に立ちません。おそらくいずれ音楽に触れて練習を始めたとしても、100%成功することはありません。社会、境遇、教育、人為的な介入等も、結果の偏差を引き起こす可能性があります。
だから、才能の出現を待つよりも全ての要件を満たす社会的構造が重要です。

 


 

これまで翻訳してきてたのは、あくまで中国の「羽生コミュニティ」でのお話。
だから肯定的な意見ばかりだったんですが、今回のはファンじゃない外部の人の意見も入ってきてて面白いですね。
とは言いつつ、あまり否定的な意見がなくて驚きました。
面白そうな質問スレがまだまだたくさんあったので、ヘルシンキまでに色々翻訳しちゃうぞーww

よろしければ1日1回クリックお願いします!
 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

ツイッターなどでのシェアも大歓迎!
よろしければフォローお願いします!@manpuku00

1件のコメント

  1. 今回の記事も興味深かったです。
    私たちにしてみれば、中国のペア実績は羨ましい限りなのにね。
    羽生結弦は奇跡の産物だから、日本の環境が…というのはチョットと違うような。
    強いて言えば家族の力?

    回答の 4〉と 7〉が真逆なのが面白いですね。
    4〉は、アスリートのアイドル化は商業主義により活動資金を得るための必然的現象。
    アスリートを国家が保護できるのは社会主義の利点。
    7〉は、国家に保護されているアスリートはプロパガンダのために上の指示で競技以外の場面に狩り出されて競技に集中できない。羽生結弦は外部からの影響を受けることなく自分の意思で競技に集中している。

    中国人の思考の一端が知れました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください