中国ブログ「奇跡を描くために歩み続ける男」

投稿者:

中国ブログ「栄光の中、引退ではなく現役続行を選んだ羽生」

ちゅうごくブログ記事から。
羽生選手の平昌後「あとちょっとだけ」現役続行宣言
中国でも歓喜の声が上がっていました。
愛ゆえに呟かざるを得なかった感満載のブログ記事を見つけたのでご紹介。

http://msports.eastday.com/a/180824163338111000000.html?qid=


 

オリンピックが終わった後、多くのスケートファンは羽生が現役を続けると聞き、喜びを抑えることができなかった。

しかしそのエクスタシーの後、それは驚きに変わった。

なぜ羽生は輝かしい2つのオリンピック金メダルを獲得した後、引退という道を選ばなかったのだろうか?

 

私も当初は理解できなかった。なぜ疲れ果てた体を再び戦場の中に投じなければならないのだろうか。

栄光。これはもはや羽生にとって、十分達成された目標だ。

 

しかし彼は彼はこの道を歩み続けることを決めた。
この道は厄介で困難だ。

 

ほとんどのオリンピック王者達は競技への離脱を宣言しており、これは一般的な選択ではない。素晴らしいキャリアのピーク時期に、観客の心に忘れ得ぬ完璧なイメージを残したまま引退をするというのがほとんどのケースだ。

 

もし現役続行という道を選択した場合、違った結果が生まれるかもしれない。力を維持することが難しくなるかもしれないし、何年もかけてゆっくりと他の選手に征服され、自分自身を助けることができず、再びアイスリンクで帰り咲くことができなくなるかもしれない。観客は少しずつ、「彼は歳をとって衰えた」と思うかもしれない。

 

栄光に栄光を重ねた不敗の少年は、結果的に観客にとって普通の人として記憶されてしまうかもしれない。

 

人々は新たに出現した別の「彼」に夢中になって、彼を品定めし始めるかもしれない

「この新人のXXXはすごいよ、彼のジャンプは完璧だ。GOEもすごい。」

「彼がかつてのXXと戦ったらどうなるだろう…

「もうそんなことを言うのはやめよう。ここ最近のXXの衰え方は目に見えて明らかだし、もう彼と比べられるようなレベルにはいない…」

ゆっくりと彼は栄光から転がり落ち、彼のことを話す人はいなくなる。
過去の栄光は失望によって洗い流されてしまうかもしれない。

 

彼は後悔するだろうか?
彼は自分自身にも訪ねるだろう、金メダルを獲得した後に引退しなかったことを後悔しているかと。

 

しかし、私は信じている。

あなたは信じるだろうか?

 

私は信じる。
おそらく彼にとってこのような最悪の結末は全て計算済だろう。

彼はとても複雑な人間だ。彼はまるで彼の栄光を誇りつつも満足していないティーンエイジャーのようだ。

彼は全てを計画しつくし、準備しているはずだ。

これは全く新しい未知の世界だ。この道は危険に溢れているが、羽生は断固としてこの道を選ぶことを主張し、フィギュアスケートを続けることを選択した。

たとえその選択が彼の栄光をゼロに戻す可能性があるとしても。

 

 

しかし、人々は忘れてはならない。

彼は羽生結弦である。泥の中から再び立ち上がった不死鳥である。

彼は最後の瞬間まで希望を捨てなかった羽生結弦である。

 

彼の頭はガーゼで覆われていたが、彼は手を上げて顎の血を拭き取り、「飛ぶ」と叫んだ。

羽生結弦は飛ぶことを諦めることができない。

 

スポーツの世界は残酷だ。時間は全ての人から色々なものを奪い去っていく。

若さ。情熱。

羽生がこの道を選択した時、全ての運命が決まったかもしれない。

 

リンク上で音楽が終わると、この少年は観客に微笑みかけ、手を振り笑うだろう。
僕の限界はまだまだだ。まだ滑り続けることができる、と。

僕はまだできる、あなた達の誇りだと。

 

スケートの神に最も近いこの少年は、永遠に私たちの心に残り続ける。

今後様々な変化が我々を待ち受けてるかもしれない。

衰えを痛感する日が来るかもしれない。

 

しかしこれが羽生結弦であれば、私は彼を信じるために全てを賭けたいと思う。

次のシーズンは、記録が更新され、全く新しいシーズンになる。

 

伝説は続き、季節は続き、栄光も続く。

羽生結弦の栄光に陰りは生まれない。

 

栄光のピークの中、さらに上へと登る事を心配する必要はない。

我々の心の中で、彼の名前は栄光である。

 

羽生結弦は栄光の中でさることを選択しなかった。

彼は頂点の中で彼の奇跡を続けることを選択した。

 


 

プルシェンコは復帰してからは棄権や体力的に衰えを感じさせられることもあったけど
人々の心には永遠にレジェンドとして残ってますよね

ヤグディンも最後のシーズンは怪我でほぼ出場できなかったけど
ほとんどの人はオリンピック王者と覚えてる。

 

通常、過去の選手の事を思い浮かべる時は、
どの選手も全盛期や神プロの思い出ばかりな気がするんですよね

例えばプルシェンコならニジンスキー(と個人的にやけくそカルメンw)
ヤグディンならウィンターと仮面の男みたいな

 

あんまり失敗とか晩節とかは心に残らないんじゃないかな?
むしろ心に残るプロをどれだけ生み出せたかが重要な気がする


後どれくらい続けてくれるのかわからないけど

たとえ今後どんな選手が出てきても、体力的にこれまでの様にいかなくなっても
羽生選手の栄光がゼロになることは絶対ないし

今シーズンの2つのプログラムも是非精度を上げて
心に焼き付く様な演技を見せて欲しい!

 
↓これが一番のモチベになります!( ;∀;)
よろしければ1日1回クリックお願いします!
 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
ツイッターなどでのシェアも大歓迎!
お気に召した記事がありましたら
お気軽に拡散お願いします♪

また、更新の度にツイートしてるので
よろしければフォローお願いします!@manpuku00

7件のコメント

  1. こんばんは、
    まんぷくさん、お疲れ様です。

    引退した人、復帰した人…昨今いろいろいる中で、
    栄光の最中で退く事をせず、不確かな未知なる領域へと踏み出した我等が羽生結弦。
    ルール変更と年齢と慢性化した故障と、そういうことを諸々抱えて尚
    フィギュアを愛し、心から楽しみたいからと言う彼に、私たちは付いて行くことを決めたのです。
    此の世に稀なる才能の羽生結弦のことですから、その成功を露ほども疑うことはないけれど。
    それでも先の事は判らない。どんな結果になろうとも、一緒に笑ったり悔しがったりしていきましょう!彼が満足する時まで。

    今日の中国の方のブログ、良い記事でした。
    紹介してくれてありがとうございました。

  2. あづきさん

    なかなかコメント返せずすみません!いつも楽しくコメント読ませてもらってます!思ってた以上に仕事に引っ張られてしまい、ブログ記事をうpするだけでヒィヒィ言っておりますw

    どんな道を選ぼうと我々は応援するのみですよね。羽生選手が選択した道ならそれが一番いいんだろうと思います。どんな形であっても、羽生選手自身が納得する形に必ず落ち着くだろうと思いますし、ファンとしてはその形が最善であることは疑いようもないです!

    嬉しいエールをありがとうございます!
    中国ブログは愛に溢れた投稿がたくさんあって、みていて本当に癒されますよね!
    これからもどんどん紹介していきたいと思います★
    なかなかコメント返せず申し訳ありませんが更新だけはできるだけ毎日やっていきますので!
    さて、明日も仕事だ…orz

  3. ガンバレ、まんぷくさん。
    こちらは面白い記事を読ませてもらって、勝手にツッコミ入れて楽しんでるだけだから、コメ返は気にしないで良いですよw
    また、面白い記事を楽しみにしてますね。
    お気軽に〜w

  4. 素敵な記事をいつもありがとうございます。特に今日の記事は様々な事にザワザワしてしまう心を一喝されたような気がします。どんな事があっても彼の栄光も耀きも翳ることは事はない。「まだ僕は出来る」栄光を得てなお自分の高みを目指す彼を信じて愛せばいい。本当にそうですね。彼と共に悔しがり、彼と共に喜べる幸せ、ありがたいです。

  5. まんぷく様、
    面白い記事をアップしてくださるのがコメ返しです。
    羽生さんの演技を見させてもらえるだけでファンとしては満足なのと同じだと思います。
    お忙しいとは思いますが、寒暖差があるので体調にはお気を付けください。

  6. まんぷく様
    つい最近こちらのブログの存在を知り、以来最新記事と過去の記事を行ったり来たりしながら
    読ませていただいています。
    これだけの記事をアップすることがどれほど大変か、想像するだけでも頭が下がります。
    どうぞ無理をなさらず、でも記事の更新を楽しみに待ちつつ今後もありがたく読ませていただきますね。

    私は平昌バラ1落ちです。羽生さんが平昌後も現役を続けてくださったことに感謝しかありません。
    「去年と同じ自分でいたくない」と挑戦することに生きている彼のことですから思うような演技ができないこともあるでしょうけど、それこそがアスリート羽生結弦なんですよね。
    4Aの成功と新プロの進化をひたすら神様に祈りたいと思います。怪我だけはしませんように。

  7. 良い記事ですね。
    海外ファンの方々のコメントや記事を読んでいると、応援の仕方やファンの有り方等
    考えさせられる事が多いです。
    フィギュアは何十年と見て来ました、ネットで動画が見られるようになり気に入った
    プログラムを何度も見る事が出来て良い時代になったなぁ~と思います。
    何時引退したのか考える事は無く、色んな選手の好きな演技を定期的に見たくなります。

    しかしジュニアの羽生選手の演技を見た時、震えました。
    誤魔化しの無いジャンプとスピン、流れる汗の輝きと容姿の美しさ。
    こんな美しい少年が日本から・・・とウットリ。
    将来が楽しみで一喜一憂しながら追っていました。
    フィギュアに掛ける思い言動全てを追いながら、どんどん好きになり羽生選手の目指す
    完璧な技術の上で成り立つ音楽表現を知りたくて、技の勉強したりどっぷりハマってしまった今日この頃です。
    フェルナンデス選手等引退し、難しいジャンプに走る若手やジュニア達の間違った踏切の
    ジャンプや回転不足のスピンがジャッジの勉強不足で、どんどん認定されている時代は
    間違っていると思うし、何処に向かっているのか残念で仕方無いです。
    羽生選手がボーヤン選手のジャンプを褒めるのも解ります。

    コーチの質の問題も大きいと思う。
    伊藤みどりさんに浅田選手のように、バレエや日本舞踊を習わせていたら・・・
    ジュニア時代から浅田選手のジャンプを「好きなようにさせている」では無くしっかりと
    教えていたらと・・・この二つが悔しいです。

    すみません、長くなってしまって。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください