海外「ネイサン・チェンvs羽生結弦 どちらが優れているのか?」海外の反応

投稿者:

ネイサンvs羽生

以前二つの記事でご紹介した投稿主さんの動画

外国人「フィギュアスケート界のベストスピナーは誰だろう?」

ネイサンVS羽生!? 海外スケオタ「真のクワドキングは誰だろう?」海外の反応

この投稿主様、こういった動画を作るのがお好きなようで、さらにこんな動画を見つけてしまいました

「ネイサン・チェンvs羽生結弦 どちらが優れているのか?」

海外の反応

 

海外のスケオタさん
よく見てみると、結弦がいかに全てのエレメンツにおいてスケートや体をインチ単位でコントロールしているかが分かる。ネイサンはその熟練度まで行くのにまだまだ長い道のりが必要だ。彼はポテンシャルがあるけど、まだそこには達してない。

 

海外のスケオタさん
↑(投稿主)あなたが正しいかもね

 

海外のスケオタさん
ネイサンは高いポテンシャルがあるけど、本当にコーチを変えて欲しい。彼のチームは間違いなく彼をジャンプマシーンにすることに熱中してて、完全に他のスケートの要素を無視してる。誰かが下でも書いてたけど、もしネイサンがもっと小さな国の連盟に属してたら、これまでもらってきてたようなGOEやPCSはもらってなかっただろう。もし彼がもっとジャンプ以外のことにも熱心な他のコーチについたら、彼は素晴らしいスケーターになるのに!

 

海外のスケオタさん
結弦もネイサンにはポテンシャルがあると言ってた。もしかしたら彼は次の結弦みたいなレジェンドになるかも。でもそのためには彼はコーチを変えなきゃ。

 

海外のスケオタさん
この動画は無視すべきだよ。このチャンネル主はただの羽生アンチで、Fanyuとネイサンファンとの間で論争を巻き起こして閲覧数を増やそうとしてるだけなんだから。

 

海外のスケオタさん
↑でもコメント欄はYuzuのが優れてるって明らかに思ってる人が圧倒的なんだけどね

 

海外のスケオタさん
↑どこにもアンチなんていないと思うけど。みんな現実に基づいて彼らの意見を言ってるだけ。

羽生結弦 連覇の原動力【完全版】(初回限定特典付き)

 

海外のスケオタさん
結弦「もし羽生結弦が新しいジャンプをプログラムの中に入れるとしたら、間違いなく表現の一部として組み入れる。これが僕のスタイルだから」
で、誰が優れてると思うの?

 

海外のスケオタさん
↑(投稿主)いや分かんないけど。

 

海外のスケオタさん
↑ネイサンが音楽を深く解釈して、ジャンプを振り付けの一部とすることができた時、彼はやっと羽生と比べられるようになる。

 

海外のスケオタさん
ネイサンは大好きだけど、ここは結弦だと認めなければならない

 

海外のスケオタさん
羽生結弦。間違いなく。

 

海外のスケオタさん
マジで?ネイサンが着氷する度に彼が故障するんじゃないかとヒヤヒヤするんだけど。いつか彼が審美的に美しい降り方をしてくれることを祈ってるよ

 

海外のスケオタさん
↑審美的な問題だけじゃなく、技術的な問題でもある。羽生の方がジャンプの流れがよく、着氷時のスピードもコントロールされてる。彼の方がより完成形であるのに加えて、羽生が行う全てのエレメンツの方がただ単純に優れている。

 

海外のスケオタさん
↑その通り、誰も彼が完成形であることに異論はないと思う。羽生の着氷技術は芸術だ。彼は上体を決して動かさず、余計な動きは何もしない。着氷時は深いアウトサイドエッジでスピードもそのまま保たれてる。長いトレーニングだっただろう、彼がジュニアの時は宇野のような着氷をしていた時もあったが、トロントに移ってから完成させたんだ。

海外のスケオタさん
羽生が圧倒的に優れてる。ネイサンの前にはショウマやハビ、ボーヤンやデニスだっているだろう。四回転がいくらできても、質が悪い。

 

海外のスケオタさん
↑同意。彼は高いポテシャルがあるけど、悲しいかな、ジャッジは質や中身が欠けた彼の演技に対して高い得点を与えてしまっている。Yuzuruが17歳の時には既に情熱を持って滑ってたし、技術と芸術を結び付けられてた。

 

海外のスケオタさん
↑質は量を上回ると私も思うけど、四回転の数も採点に影響するからね。
でも同意する。ネイサンは山ほど四回転を飛ぶけど、どれもベストクオリティーではない。

 

海外のスケオタさん
↑最近ではショウマやボーヤン、デニス、それにハビですらそこには含まれなくなってきてるけど。でも羽生結弦は間違いなく先にいる。

 

週末仙台 羽生結弦

 

海外のスケオタさん
結弦、間違いなく。こんなの質問にすらならない。

 

海外のスケオタさん
ネイサンは今の所ジャンプの量しかないのに対し、結弦は完全体だ。彼は技術も芸術性も高い。ジャンプ前後の技の難易度を比較するだけでどちらが優れているかを知るには十分なようだ。しかしもちろんネイサンの方が若く、まだまだ時間がある。彼が改善を続けてYuzuと同じレベルまで到達できるようになることを願ってるよ。もしかしたらいつか彼もオリンピックチャンピオンになれるかもね。

 

海外のスケオタさん
ネイサンは好きだけど、結弦のジャンプとスピンはほとんど常に完璧だから…。教科書みたいな

 

海外のスケオタさん
悪いけど羽生結弦はネイサンより100万マイルほど先にいるようだ。技術、実行能力、表現など。
ネイサンは可能性を秘めてるけど、彼や彼の四回転がメディアに過剰に騒がれるのが好きじゃない。
結局は結弦だけが我々に何かを感じさせてくれるし、それがオールラウンドのフィギュアスケーターってものさ。

 

海外のスケオタさん
もうこのネイサン対結弦のいわゆる「ライバル関係」にはうんざり。これはアメリカのメディアが、ネイサンと結弦が同じレベルにあると観客に思い込ませる為に数ヶ月前に作り上げた。もし彼がこんな力のある国のスケート連盟に属してなかったら、彼は表彰台にも上がれてない。PCSでは結弦はネイサンより圧倒的に評価されてる(特にスケーティングスキルとつなぎ)し、ジャンプのことで言ったらネイサンはただ4回転フリップを持ってる事ぐらいが優位(結弦は4T、4S、4Lo、4Lz、それにどうやら4アクセルも習得中)なだけで、結弦のジャンプの質は他のどのスケーターも圧殺する。だからネイサンのひどい質の6クワドプログラムよりも結弦の4クワドプログラムの方が世界記録として残ってるわけで。
ああ、あとネイサンはスピンも酷い。結弦のは完璧だけど

 

海外のスケオタさん
↑完全に同意。チェンフレーション真っ盛りだな

 

海外のスケオタさん
↑同意。てかネイサンを結弦の脅威として見たことがない。一貫性のないショウマでさえネイサンよりも結弦にとっては大きな脅威だ。結弦にとって真に脅威であるフィギュアスケーターといえば、宇野、フェルナンデス、ボーヤン、でも最も大きな脅威は結弦自身だ。

 

海外のスケオタさん
↑まさにそれ。もし全員が綺麗に滑れば、ネイサンは結弦、ハビとショウマより後ろに置かれるだろう(くそ、ボーヤンだってネイサンよりも前にいるべきなのに彼は犯罪的に爆下げされてるからな)。あのネイサン無双だったシーズンはただ他のトップスケーターたちが他の問題を抱えてたからラッキーだっただけ。残念ながら新しい採点方法によって、彼の大きな優位点だった天文学的基礎点は消えて無くなってしまうよ。
結弦にとっての一番の脅威は彼自身の体だ。怪我なく過ごして欲しいし精神的に自分を追い詰めないでほしい。
今や彼は二つのオリンピック金メダリストだし、彼がこのスポーツで望んでたこと全てを達成したことを考えると、彼の考え方はこれから変わってくるんじゃないかと思ってる。

羽生結弦「覚醒の時」 (通常版) [Blu-ray]

海外のスケオタさん
ただクロスとジャンプしかしてない18歳の子供と比べること自体が無意味。

 

海外のスケオタさん
↑ネイサンは18歳なのにスピンや振り付けがすごく進歩したじゃないか。

 

海外のスケオタさん
↑それはただ単にアメリカのメディアとジャッジがネイサンと羽生が同じレベルにあると思わせようとしただけ。ネタバレ:彼はそんなレベルにいない

 

海外のスケオタさん
ネイサンはただ…準備、ジャンプ、準備、ジャンプ!とても若くて才能があるけど、ネイサンと同じ年だった当時の結弦と比べることなんかできない。彼が17歳の時のロミオとジュリエットはすでに技術と芸術性、刺激と感受性に富んでた。次のシーズンにルールが変わって、フィギュアスケートが真のフィギュアスケートのあるべき姿に戻り、ただのジャンプ大会から脱してくれることを祈ってる。

 

↓今後もどんどん更新していく予定です!
当ブログが気に入っていただけましたら1日1回
ランキングサイトへのクリックをお願いいいたします!

 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

2件のコメント

  1. よく考えたら、ネイサンてまだ10代!
    末恐ろしいね。大学と両立させて、新境地を開拓してみたい。
    羽生さんと切磋琢磨(?)してほしい!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください